2018/02/17 08:00

宮藤官九郎が「監獄のお姫さま」で歴代最多11回目の脚本賞を受賞!

「監獄のお姫さま」で脚本賞を受賞した宮藤官九郎/撮影=西田周平
「監獄のお姫さま」で脚本賞を受賞した宮藤官九郎/撮影=西田周平

2017年秋クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第95回ドラマアカデミー賞」の全8部門の受賞作が決定し、脚本賞に「監獄のお姫さま」(TBS系)で多くの支持を集めた宮藤官九郎が輝いた。

仲間の冤罪を晴らすため、イケメン社長の吾郎(伊勢谷友介)を誘拐した馬場カヨ(小泉今日子)らおばちゃんたちの絆を描いた。宮藤官九郎ワールド満載の人物描写や、登場人物たちのコミカルなやりとりが視聴者の心をつかんだ。そんな宮藤は「池袋ウエストパーク」(2000年TBS系)の1回目から、最多の11回目の受賞となる。

――今回で11回目の受賞となり、脚本賞はもちろん、全部門で最多受賞記録となります。受賞の感想を聞かせてください。

最多受賞ですか、なんかすみません(笑)。このドラマを書いたきっかけは、3年前、「ごめんね青春!」(2014年TBS系)を作っていたとき、TBSの磯山晶さん(編成企画)と金子文紀さん(プロデューサー/ディレクター)と3人で「次はどんなドラマを作ろうか」と話したことでした。そのとき希望したとおりの理想的なキャストが3年がかりでそろったこともあり「このメンバーを集めておいて普通に手堅いドラマ作ってもしょうがないんで」と宣言しました。磯山さんと「木更津キャッツアイ」(2002年TBS系)を作ったのはもう16年前になりますが、あのころの情報量とスピード感でまたドラマを書いてみたくなった。ちょっと攻めるというか、ある意味、集大成のつもりで臨みました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >