2018/02/18 07:00

最優秀作品賞は「陸王」に!「駅伝のようにみんなでタスキを渡しながら一緒に作った作品です」

最優秀作品賞を受賞した「陸王」のプロデューサー、伊與田英徳氏(左)と飯田和孝氏(右)/撮影=下田直樹
最優秀作品賞を受賞した「陸王」のプロデューサー、伊與田英徳氏(左)と飯田和孝氏(右)/撮影=下田直樹

2017年秋クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第95回ドラマアカデミー賞」の全8部門の受賞作が決定し、最優秀作品賞に「陸王」(TBS系)が堂々の受賞となった。「陸王」は役所広司の最優秀主演男優賞、監督賞と3冠に輝く結果になった。

視聴者からは、「主人公たちの心の熱さに打たれた」「中継局の利を生かした駅伝シーンが圧巻!」「行田市のロケ映像が美しかった」とドラマとしての総合力で他を圧倒しての受賞となった。今回、プロデューサーの伊與田英徳氏と飯田和孝氏の2人に喜びのコメントをもらった。

――「陸王」で、最優秀作品賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください。

伊與田英徳:この賞は何度いただいてもうれしい。ありがとうございます。一生懸命立ち上がろうとする「こはぜ屋」と復活をかけるマラソンランナーが二人三脚で一つの物を作り上げていく原作に描かれているおもしろさをまるで駅伝のようにみんなでタスキを渡しながら一緒に作った結果、みなさんに喜んでいただけてよかったです。撮影現場に行くと、たくさんのエキストラの方たちが作品を盛り上げてくれて、みんなで楽しくできているなという実感はありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >