2018/02/21 06:00

4代目浅見光彦役・平岡祐太が語る「役者として鍛えられた」

4代目浅見光彦を演じる平岡祐太/(C)TBS
4代目浅見光彦を演じる平岡祐太/(C)TBS

2月26日(月)夜8時から、月曜名作劇場「内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ『後鳥羽伝説殺人事件』」(TBS系)が放送される。本作は、平岡祐太演じるルポライター・浅見光彦が難事件解決に奮闘するサスペンスドラマ。2017年10月に放送された第1弾に続き、今回で第2弾となる。

今回の舞台は広島・尾道。光彦が12年前に亡くした妹・祐子(秋月三佳)の死の真相を解き明かしていく姿を描く。共演には、過去「浅見光彦シリーズ」に出演経験がある佐藤B作や森脇英理子が起用された。

今回、ザテレビジョンでは主演を務める平岡にインタビューを実施。伝統ある浅見光彦を演じる上での心境や、撮影の思い出について語ってもらった。

――台本を読んだ時の感想をお願いします。

本作は、光彦の妹である祐子の13回忌の様子を描いています。妹が亡くなった時のルートやその事件をたどっていき、真実を知っていくという作品です。台本を読んで、その世界にどんどん引き込まれていきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >