2018/02/28 07:00

「西郷どん」田中道子、大河ドラマ初出演に「事務所を挙げてのドッキリかと思いました(笑)」

田中道子が磯田屋で働く人気の給仕・タマを好演/(C)NHK
田中道子が磯田屋で働く人気の給仕・タマを好演/(C)NHK

鈴木亮平主演で好評を博す大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に田中道子が出演中。

品川宿にある宿屋・磯田屋で働く給仕・タマを演じている。薩摩を離れた農家の娘・ふき(高梨臨)を同僚に、街道にやってくる旅人やさまざまな国の藩士らと出会い、大山格之助(北村有起哉)や有村俊斎(高橋光臣)ら多くの薩摩藩士の顔なじみになる。

そんな吉之助(鈴木)らが政治工作や情報収集の場として集った磯田屋の人気給仕を演じる感想などを聞いた。

――大河ドラマ初出演が決まった時の感想をお聞かせください。

事務所を挙げてのドッキリなのかなと思いました(笑)。本当だと分かった後は、大河ドラマという舞台でどうベストを尽くしたらいいか不安になりました。

――周囲の反応はいかがでしたか?

祖母が鹿児島出身なので、親戚たちも涙するくらい喜んでくれました。祖母の目の輝きが変わりましたね。でも父は、「どうせ街娘で通り過ぎるだけなんだろ」と信じてくれませんでした(笑)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >