2018/02/22 09:00

コムアイが擬人化猫キャストに!「水曜日のカンパネラ」の劇伴担当も決定

水曜日のカンパネラが初めて映画の劇伴を担当することが決定/(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会
水曜日のカンパネラが初めて映画の劇伴を担当することが決定/(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

沢尻エリカが「ヘルタースケルター」(2012年)以来6年ぶりに主演を務め、吉沢亮と共演する映画「猫は抱くもの」が6月23日(土)に公開する。2月22日「猫の日」(にゃんにゃんにゃん)に、水曜日のカンパネラが初めて映画の劇伴を担当した事、そして擬人化猫キャストが発表となった。

本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。猫の良男の擬人化した姿を吉沢が演じる他、ロックバンド「銀杏BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場する。

また、水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たすと共に、水曜日のカンパネラが初の劇伴を担当する事が決定した。

劇中歌「キイロのうた」は、コムアイ本人が作詞を担当。コムアイは「劇中歌は、登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」と語っている。さらに、コムアイの声で劇中の“効果音”を作るなど、作品づくりに精力的に携わった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >