2018/02/25 06:00

【テレビの開拓者たち / 角井英之】「アンビリバボー」生みの親が語るテレビの未来

すみい・ひでゆき=1962年10月3日生まれ、広島県出身
すみい・ひでゆき=1962年10月3日生まれ、広島県出身

番組制作会社の「イースト(現イースト・エンタテインメント)」に入社後、昨年に放送20周年を迎えた長寿番組「奇跡体験!アンビリバボー」(フジ系)をはじめ、「平成教育委員会」シリーズ(フジ系)など、数々の人気番組を手掛けてきた角井英之氏。バラエティーを中心に、30年以上にも及ぶテレビ番組制作者としてのキャリアを振り返ってもらいつつ、現在、イースト・エンタテインメントの代表取締役社長を務める角井氏に、テレビ業界の現状と展望を聞いた。

■ ビートたけしさんとは「世界まるごと2001年」以来、ずっと仕事をご一緒させてもらっています

――角井さんのテレビマンとしてのスタートは?

「1985年に大学を卒業して、新卒でイーストに入社しました。一番最初の仕事は『わくわく動物ランド』(1983~1992年TBS系)のAD。海外ロケには行けなかったんですが、たまに国内ロケがあると、勉強がてら連れて行ってもらえて、楽しかったですね。猿が温泉に入るので有名な信州湯田中温泉に行ったのも、すごくいい思い出です(笑)。ただ普段は、とにかく雑用に追われる毎日で。テレビのADという仕事は、肌に合う人と合わない人がいると思うんですが、僕は幸い、けっこう楽しく働いていましたね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >