2018/02/27 16:00

舞台「春を待つトイレの花子さん」志城璃磨の見どころはギャップと制服!?

舞台「春を待つトイレの花子さん」が2月28日(水)から上演される。そこで、主演・松山まみに続いて、志城璃磨にも話を聞いた
舞台「春を待つトイレの花子さん」が2月28日(水)から上演される。そこで、主演・松山まみに続いて、志城璃磨にも話を聞いた

舞台「春を待つトイレの花子さん」が2月28日(水)~3月4日(日)、東京・サンモールスタジオで上演される。主演・松山まみに続いて、志城璃磨にも話を聞いた。

――初めに、璃磨ちゃんが演じる役柄について教えてください。

松山さん演じる“トイレの花子さん”がいる、女子校の生徒役です。高校2年生です!

――そして、劇中でどんな役割を担いますか?

「花子さんが、どうやって成仏するか?」っていうのが物語のカギになってるんですけど、最初は全然関係ない話だと思っていたのが徐々にリンクしていって、「これが花子さんになった理由だったのか!?」いう事が分かっていく。その中で、キーパーソン的な役割を担っています。

――舞台は今回が初めてですね。

映画だと自分で考えてきたものを出すっていうのが大きいんですけど、舞台だと演出家の方や共演者の方々と時間を掛けてたくさん話をして、みんなで作っていく部分が、映像とは違うかなって思いましたね。あと、細かい感情の芝居を見てくれる方にどう伝えるかっていうのが難しいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >