2018/03/02 05:00

「相棒」大杉漣さん代役に、杉本哲太が決定! 『指標とすべき存在だった』

杉本哲太
杉本哲太

3月14日(水)に最終回を迎える「相棒season16」(テレビ朝日系)で、準レギュラーとして出演していた俳優・大杉漣さんの代役を、杉本哲太が引き受けることが分かった。

杉本は、かつて「相棒season5」の元日スペシャル『バベルの塔~史上最悪のカウントダウン!爆破予告ホテルの罠』で過激な犯人役を熱演。

今回、大杉さんが逝去されたことを受け、台本・設定はそのままに、警視庁副総監・衣笠藤治役を引き受けた杉本は、過去に自身の主演作に大杉さんが出演していた縁もあり、「指標とすべき存在だった」と明かした。

■ 「相棒season16 最終回2時間スぺシャル」 あらすじ(3月14日[水]放送)

「週刊フォトス」の記者、風間楓子(芦名星)がエスカレーターから転落し、負傷する。楓子は、その場に居合わせた甲斐峯秋(石坂浩二)はじめ、警察関係者の中の誰かに突き落とされたと主張。しかし、相手にされなかった事から“犯行”が可能だった警察関係者を誌面で告発するという対抗措置に出る。

記事はたちまち世間の話題をさらい、杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)はもちろん、大阪にいる楓子の母親、匡子(加賀まりこ)の目にも留まる。実は、楓子の実家は大阪を拠点とする暴力団「風間燦王会」。

“極妻”の匡子は嫁入り前の大事な娘を傷付けられたとあって怒り心頭に発し、警察への宣戦布告も辞さない覚悟で東京に乗り込んで来る。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >