2018/03/05 05:00

波瑠、初共演の鈴木京香と“女刑事バディー”に! 「汗臭い感じで撮影に臨みたい」

「未解決の女 警視庁文書捜査官」矢代朋役・波瑠(右)、鳴海理沙役・鈴木京香(左)/(C)テレビ朝日
「未解決の女 警視庁文書捜査官」矢代朋役・波瑠(右)、鳴海理沙役・鈴木京香(左)/(C)テレビ朝日

テレビ朝日系では、波瑠主演の「未解決の女 警視庁文書捜査官」が4月よりスタートすることが決定。同局の連続ドラマに出演するのが25年ぶりとなる鈴木京香が出演することも分かった。

同ドラマは、文字を糸口に未解決事件を解決する「文書解読係」の活躍を描いた麻見和史原作のミステリー。

波瑠は、燃える正義感と情熱、直感を武器に、なりふり構わない無鉄砲な捜査で事件解決に奔走する肉体派の熱血刑事・矢代朋を演じる。また、劇中では果敢にアクションシーンにも挑戦。

一方、波瑠とは初共演となる鈴木が演じるのは、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙。理沙はわずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”だ。

そんな朋と理沙が取り組むのは、“文字”を糸口に未解決事件の文書捜査を担当する「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)。

強行犯係から異動してきた朋は、「倉庫番」と揶揄されて窓際部署扱いされる第6係で、文字に隠された真実を深く読み解く理沙と捜査を共にするうちに、その重要性を認識していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >