2018/03/03 07:00

大人も泣ける“ドラ映画” 大泉洋「娘よりも先に泣くという失態だけは避けたい」

3月3日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の宝島」で海賊船の船長・シルバーの声を担当した大泉洋/撮影=横山マサト
3月3日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の宝島」で海賊船の船長・シルバーの声を担当した大泉洋/撮影=横山マサト

3月3日(土)公開の「映画ドラえもん」シリーズ最新作「―のび太の宝島」は、のび太たちが「宝島」を目指す大航海アドベンチャー。これまで映画のドラえもん作品は見たことがなかったという大泉洋が今作で、海賊船の船長・シルバー役に抜擢された。本作を通じて「これは泣ける!」と実感したそう。

「ドラえもんの映画は大人が見ても泣けるという話は以前から聞いていたんですけど、正直『何ぼのもんじゃい』と思っていたのですが、本当でしたね(笑)。今作の脚本を担当した川村(元気)君は『青天の霹靂』(2014年)でよく知っていることもあって、彼のストーリーやセリフに泣かされていると思うとちょっと悔しいんですが(笑)、それでも素直に感動しました」

「海賊」や「宝島」「冒険」という少年心をくすぐるモチーフや、おなじみのひみつ道具も印象的。

「僕自身は、子供時代はテレビばかり見ていたので、海賊や冒険に憧れた記憶はあんまりないんですよ。ですが、ひみつ道具で言えばタイムマシンが好きで、布団と枕とクッションとかでタイムマシンっぽいものを組み立てては『さあ、恐竜時代へ出発だ~!』とか言って遊んでいた記憶はありますね。あと、映画でのび太たちが海をトランポリンのようにして遊ぶシーンがあるんですけど、あれはすごく面白そう。ああいう遊びは夢があっていいなと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >