2018/03/06 04:00

藤ヶ谷太輔、“ムカつく男”役は宮田俊哉が参考に!? 主演舞台が開幕

藤ヶ谷太輔、前田敦子、中尾明慶、板尾創路が会見/撮影=阿部岳人
藤ヶ谷太輔、前田敦子、中尾明慶、板尾創路が会見/撮影=阿部岳人

藤ヶ谷太輔主演の舞台「そして僕は途方に暮れる」(東京・Bunkamuraシアターコクーン)が3月6日より開幕。先駆けて公開プレスコールが行われた。

同作は三浦大輔作・演出による最新作。藤ヶ谷演じる自堕落なフリーター・裕一が、恋人・里美(前田敦子)、親友の今井(中尾明慶)らを芋づる式に裏切り、あらゆる人間関係から逃げ続けて追い詰められていく。プレスコールで藤ヶ谷は、里美に浮気を疑われ家を飛び出すシーンや、身を寄せた今井の家でダラダラするシーンなど、“イラッと来るだらしない男”を好演。「見ていてムカついた」という報道陣の反応に「作戦通りです。三浦さんにいろいろ鍛えていただいたので」と笑顔を見せた。

里美には三浦氏の実際の恋人が色濃く投影されているそうで、「僕は三浦さんですね。話し方とか盗みつつ、役作りに参考にしたのは三浦さんオンリー」と藤ヶ谷。が、「(Kis-My-Ft2の)宮田(俊哉)さんは、思ってなくても『あーいいねいいね!』って言って、良くない顔してる。目が笑ってないのは多少参考にしてるかも…」とポツリ。稽古のおかげで「あぁー(という気のない相づち)のレパートリーが、今すごくたくさんある」と明かし、「その中に宮田も1か所くらい…あるかな?」と笑いを誘っていた。

また、少しほっそりした姿に、「痩せました。三浦さん式ダイエットです」と藤ヶ谷。「一生懸命稽古してただけだけど、2kgくらい」と、充実したようすを伺わせた。(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >