2018/03/06 17:00

若林正恭、甲子園出場監督の格言に「強烈な人任せ!」

「激レアさんを連れてきた。」でMCを務めるオードリーの若林正恭
「激レアさんを連れてきた。」でMCを務めるオードリーの若林正恭

3月5日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)では、「全く無名の弱体チームを強豪校に育てあげ 何度も甲子園に行ったのに一度も勝てず、あらゆる負け方をコンプリートしてしまった監督。」が登場、甲子園7連敗の記録を持つサワダさんが敗戦エピソードを語った。

サワダさんは盛岡大付属高校(通称:モリフ)野球部の前監督。弱小野球部をわずか5年で甲子園出場へと導き、13年間の監督在任中には7回も甲子園に出場! しかし1回も甲子園で勝つことができず、「甲子園7連敗」のワースト記録を残してしまった“激レアさん”だ。

1回目の敗因は「勝つための“JK”が不足していました」と話すサワダさん。「JKとは“準備”“不足”」と、お茶目なキャラクターに司会の若林正恭(オードリー)も興味津々。さらに、試合後のインタビューで「小石沢(投手)が最悪でした。最後までダメだった」と発言したため、「高校野球ファンを敵に回してしまった!」とサワダさん。若林も「今からでもなんとかなんない?やめてあげて! 言わなくていい言葉1位!!」と、サワダさんの失言を責め立てた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >