2018/03/10 06:00

有村架純主演で“感涙小説”が映画化「自問自答しながら繊細に紡いでいければ」

「コーヒーが冷めないうちに」で主演を務める有村架純/(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
「コーヒーが冷めないうちに」で主演を務める有村架純/(C)2018 映画「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

昨年、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)のヒロインとして、日本の朝に爽やかな風を吹かせた有村架純の主演で、「本屋大賞2017」にノミネートされた感涙小説「コーヒーが冷めないうちに」が実写映画化することが決定。9月21日(金)より全国で公開となる。

原作は、脚本家・演出家として活躍している川口俊和の同名小説。川口自身が主催する劇団で舞台化され、その後演劇界で話題になり、第10回杉並演劇祭大賞を受賞し、2015年に小説化された。

古き良き昭和の時代から続く喫茶店を舞台に、そこに集う人々が巡り合う奇跡を描き、2017年に刊行された続刊「この嘘がばれないうちに」を含めたシリーズ累計発行部数は、現在84万部を突破するベストセラーとなっている。

今回、映画化発表とともに注目のキャスト陣が決定。

従兄が経営する喫茶店「フニクリフニクラ」で働く心優しい時田数役を務める、主演の有村は「ある喫茶店に勤める、普通にしてどこか孤独なつかみどころのない女性を演じます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >