2018/03/08 17:56

「漣さん!ありがとう!!」遠藤憲一ら叫ぶラストシーンに感動の声相次ぐ 【視聴熱】

名バイプレイヤー達を本人役で登場させるという、意欲的な試みで多くの人に支持された「バイプレイヤーズ―」は、愛されつつ終了を迎えた/(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会
名バイプレイヤー達を本人役で登場させるという、意欲的な試みで多くの人に支持された「バイプレイヤーズ―」は、愛されつつ終了を迎えた/(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

3月7日に最終回となる第5話が放送されたドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」が、同日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで59985ptを獲得。ドラマ部門で1位となった。

■ 「バイプレイヤーズ」最終回は“愛をこめて”

2月21日に急逝した大杉漣さんがメインとなった最終回のサブタイトルは「バイプレイヤーより愛をこめて」。約三割しか撮影を終えていなかったとされるが、スタッフ、キャストの尽力により見事完成。朝ドラ「しまっこさん」の撮影を終えた大杉漣(本人)が、スタッフ不足で混乱する現場に残り、撮影を手伝うというストーリーだった。オフショットと思われる場面なども挿入されながら、これまで通りの楽しそうな雰囲気で展開された。また、劇中で“大杉漣記念館”が話題に上り、「本当に作ってほしい」、「泣くまいと思って観てたけど、大杉漣記念館の入口がサッカーボールで飾られてるのを見つけてごめんもう無理」などの声が上がり、多くの視聴者の涙を誘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >