2018/03/11 04:00

AKB48グループメンバーが67回目となる東日本大震災被災地訪問活動

岩手、宮城、福島へAKB48グループメンバーが67回目の被災地訪問へ/(C)AKS
岩手、宮城、福島へAKB48グループメンバーが67回目の被災地訪問へ/(C)AKS

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、“「誰かのために」プロジェクト”を立ち上げ、義援金の募集や定期的な被災地訪問活動を行っているAKB48グループ。ことしは3月4日に、67回目となる被災地訪問として岩手、宮城、福島をメンバー計24人が訪れた。

小学校や市民ホールなどでライブ形式のイベントを開催し、「ヘビーローテーション」や震災復興応援ソングである「掌が語ること」などを披露したメンバーたち。記念撮影会やハイタッチ会も実施し、集まった人たちと触れ合った。

また、各会場のイベント終了後(宮城はイベント前)には、メンバーによる献花と黙とうも行われた。

■福島県南相馬市を訪問したメンバーのコメント

AKB48・峯岸みなみ

5年前にもさくらホールに来てライブをさせていただきましたが、そのときと変わらない温かさで迎え入れていただきました。5年たっても、AKB48としてここに来ることができ、受け入れてくれる方がいることを幸せに思えた、とても楽しいライブでした。この活動は、私の中で7年前のことを忘れないでいられるきっかけになっていますので、大切な活動だと思って毎回足を運ばせていただいています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >