2018/03/13 06:00

高杉真宙、連ドラ初“社会人役”でディーン主演ドラマに!「作品の明るい部分になれば…」

注目の若手イケメン俳優・高杉真宙の出演が決まった
注目の若手イケメン俳優・高杉真宙の出演が決まった

ディーン・フジオカが愛憎に満ちた“復讐(ふくしゅう)鬼”に挑戦する、4月スタートの木曜劇場「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)に、若手注目俳優の高杉真宙の出演が決定。現在21歳の高杉が、連続ドラマで初めて社会人を演じる。

原作は、フランスの文豪・アレクサンドル・デュマの代表小説「モンテ・クリスト伯」(放題:巌窟王)。無実の罪で投獄された男が、復讐のために這い上がる波乱万丈のサスペンスだ。

ディーンが愛、将来、自由、仕事、自尊心、すべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化すことですでに話題になっている。

本作で高杉が演じるのは、主人公・柴門暖(ディーン)が勤める漁業会社の社長・守尾英一朗の一人息子である守尾信一朗。職員全員からかわいがられ、後に会社を継ぐこととなる真面目で心優しく、明るく素直な人物を演じる。

信一朗は、本作序盤のストーリー展開を大きく動かすことになる“ある事故”を機に、若くして右も左も分からないまま父の代理で急きょ社長を務めることになるが、経営難で周囲の援助も得られず、負債を抱えた会社を支えようと努める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >