2018/03/14 06:00

岡田結実、要潤のアドバイスに感謝「近所にいる憧れのお兄ちゃんみたい」

「春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』」で主演を務めた岡田結実/スタイリスト=八杉直美/衣装協力=Cuvee、TAGE(A PRESS)、パリンカ、W&M、A PRESS
「春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』」で主演を務めた岡田結実/スタイリスト=八杉直美/衣装協力=Cuvee、TAGE(A PRESS)、パリンカ、W&M、A PRESS

3月23日(金)、30日(金)と2週にわたってテレビ朝日系で放送される「春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』」にて、岡田結実がドラマ初出演で初出演を務める。

同ドラマは、1話完結形式で全2話を放送。ミステリー作家・中山七里氏の同名小説を初映像化し、正義感120%ながらまだまだ半人前の法学生・高遠寺円(こうえんじまどか)と、捜査一課刑事・葛城公彦(かつらぎきみひこ)がバディを組み、元裁判官である円の祖母・静(しずか)の援護を受けながら、事件の謎を解いていく痛快ミステリーとなっている。

そこで、初めてのドラマ出演、さらに初主演となる岡田にインタビューを敢行。ドキドキの撮影の様子や、共演の要潤、草笛光子らとのエピソードなどを聞いた。

■ 円を演じていて、爽快感というか風が吹く感覚がありました

――岡田さん演じる高遠寺円はどんな印象ですか?

周りの人を巻き込んでいく力強さに魅力を感じましたし、その勢いを大事に演じました。自分の夢に向かう気持ちや、困っている人を助けたいという正義感、誰かのために頑張る円はすごいです。損得考えずに頑張る女の子で、自分の芯を曲げない円ですが、その強さもとても魅力的でした。円を演じていて、爽快感というか風が吹く感覚がありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >