2018/03/14 06:00

芳根京子、“内気な子”から“ボス”へ「付いて行くだけじゃなく引っ張れる人間に」

“暴君”ボス・ベイビー(声:ムロツヨシ)の兄・ティムの声を担当する芳根京子/ヘアメーク=KOTOMI./スタイリスト=藤本大輔
“暴君”ボス・ベイビー(声:ムロツヨシ)の兄・ティムの声を担当する芳根京子/ヘアメーク=KOTOMI./スタイリスト=藤本大輔

アメリカなど世界各国で公開されるや、見た目は赤ちゃんなのに“中身はおっさん”の主人公の活躍ぶりに注目が集まり、全世界で540億円以上の興行収入を記録する映画「ボス・ベイビー」が、日本でも3月21日(水・祝)に公開。

本作の日本語吹替版で、“暴君”ボス・ベイビー(声:ムロツヨシ)の兄・ティムの声優を務める、若き演技派女優・芳根京子にインタビューを行った。

「表参道高校合唱部!」(2015年、TBS系)で連ドラ初主演を務め、翌年には連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016-17年、NHK総合ほか)で初の“朝ドラ”ヒロイン。

そして現在は初の“月9”ヒロインとして日本中に笑いと感動を届けるなど、すさまじい勢いでスターの階段を駆け昇る芳根に、またまた初体験の声優挑戦についての苦労や収録エピソード、さらには自分にとっての“オンリーワン”についてなど、たっぷりと語ってもらった。

――初めての声優業ですが、アフレコは難しかったですか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >