2018/03/20 07:00

「西郷どん」高梨臨、どっしりした鈴木亮平の姿に『村岡印刷さんの面影はなくなってしまいました(笑)』

江戸にやって来た吉之助は、磯田屋で働くふきと再会する/(C)NHK
江戸にやって来た吉之助は、磯田屋で働くふきと再会する/(C)NHK

高梨臨が、鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。

高梨は、第2回(1月14日放送)で、年貢が払えずにいた農民・平六(鈴木拓)が、やむを得ず借金取りに差し出すことになった娘・ふき(柿原りんか)が成長した姿を演じている。

吉之助(鈴木)は、何とかふきを助けようと尽力していたが、結果的に助けることができず、吉之助にとっての苦い思い出となっている。そして、第9回(3月4日放送)では江戸にやって来た吉之助と品川宿の磯田屋で働くふき(高梨)が再会。再会を喜ぶふきは、元気で明るい女性へと成長し、かつて自分を救おうとしてくれた吉之助を尊敬していた。

また、ふきは、キーパーソンである一橋慶喜(松田翔太)にひいきにされる人気の給仕。そんな、物語に彩りを与える人物を演じている感想などを聞いた。

――ふきという女性をどのように捉えているか教えていただけますか?

第2回での家族の別れが、ふきの人生の中で1番辛かった経験だと思うんです。そこからいろいろと流れて江戸へとやって来るんですけれど、さまざまな経験を積んだ今をたくましく生きている女性というイメージを持っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >