2018/03/15 02:28

染谷俊之が語る2.5次元舞台の魅力とは?

ドラマ、舞台、アニメと 2018年も精力的に突き進む染谷俊之/撮影=佐藤友昭
ドラマ、舞台、アニメと 2018年も精力的に突き進む染谷俊之/撮影=佐藤友昭

――バンドマンたちが夢を追う姿を描くドラマ「御茶ノ水ロック」(テレビ東京ほか)に出演中の染谷俊之。3月14日に最終回を迎えた。

染谷「2つのバンド『ダイダラボッチ』と『The DIE is CAST』のみんなが、実際にすごく仲が良くて、LINEグループもあるくらい。僕は音楽プロデューサー役で、役作りをする上でもつるむ感じじゃなかったので、みんなを見守っていた感じかな。もちろん、現場では仲良くやらせていただきましたよ(笑)」

――ドラマに続き、舞台化も発表されている本作。キャストが実際に演奏するライブシーンが話題になる中、染谷演じるプロデューサー・片山亮と、ダイダラボッチのボーカル・片山始(佐藤流司)との兄弟の確執も見どころの一つ。

染谷「僕には兄がいて僕自身は弟なので、兄の役って実は新鮮! 兄とは仲が良かったので、兄とその友達とよく一緒に遊んでたんです。だから、今回演じる前に、兄が僕に対してどんな気持ちで接してくれていたのか、当時のことを思い返して考えてみたりしました。けんかもしましたけど、やっぱり大事にしてくれてたんだなと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >