2018/03/17 20:00

「何でもやってやる」成田凌が“身も心も捧げた”役への思い

3月17日(土)から公開する映画「ニワトリ★スター」に出演する成田凌/撮影=桑島智輝
3月17日(土)から公開する映画「ニワトリ★スター」に出演する成田凌/撮影=桑島智輝

異色のクリエイター・かなた狼の初監督作品「ニワトリ★スター」が、3月17日(土)から公開。バイオレンス・ラブ・ファンタジーと冠された今作の主人公は、東京の片隅で大麻の売人をしている草太(井浦新)と、破天荒に暮らす楽人(成田凌)。赤髪モヒカンで全身タトゥーという強烈なビジュアルの楽人を演じた成田凌。舞台あいさつで、「身も心も全てを捧げた」と言い切った作品への思いを語ってもらった。

■ 楽人と近いなと感じたのは”弱さ”

――成田さんは最初からこの楽人という役に惚れ込み、初対面の監督に相当売り込んだそうですね。

他の人に絶対取られたくない役だと思ったので、初めて監督に会ったときに「僕しかいない」と言い張りました(笑)。台本が面白過ぎた上に、ズルいぐらいにいい役だったから。

――楽人は欲望のままに生きている男ですが、理解できる部分はありましたか?

理解できるという感じじゃないですが、近いなと感じたのは弱さですね。人間は楽な方を選んでしまいそうなところをグッと抑えると思うんですけど、楽人には楽な方を選ぶ。その弱さに共感できると同時に、共感しちゃいけないなと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >