2018/03/18 08:00

大人に刺さる!「映画ドラえもん」最新作の4つの“泣き”ポイント

大ヒット上映中の「映画ドラえもん のび太の宝島」/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
大ヒット上映中の「映画ドラえもん のび太の宝島」/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

3月3日に公開後、2週連続首位を獲得し、大ヒット中の「映画ドラえもん のび太の宝島」。シリーズ最新作は、のび太たちが「宝島」を目指す大航海アドベンチャー。

太平洋上に突然現れた島へ向かう冒険のワクワク感はもちろん、海賊に襲われるなど次々と降り掛かるピンチにハラハラ。また、便利なひみつ道具の数々にも盛り上がりは確実。さらに本作は、大人が本気で泣いちゃうほどテーマが奥深いのも特徴だ。「映画ドラえもん」を見たことがない人でも“泣ける”理由を紹介します!

■ のび太とドラえもんの絆の強さを再確認

本作で大きく強調されているのは、のび太とドラえもんの強い友情。普段ののび太はドラえもんに頼ってばかりで、くだらないことでけんかすることも多い。しかしその根底にはお互いを思いやる気持ちがあり、無二の友情でつながっていることが感じられ、大人ながらもグッときてしまう。特にクライマックスでドラえもんを助けるために取ったのび太の驚くべき行動には、大泉も「のび太くん以上に勇気のある人はいないと思う。今、この世で一番尊敬している」と大絶賛。他にもジャイアンとスネ夫の息の合ったコンビネーションやしずかとセーラの女同士の友情など、随所に友情ドラマがちりばめられており、あらためて友達の大切さを感じさせてくれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >