2018/03/27 07:00

横浜流星、演じるウブキャラの恋路に「今後を見守りたい」

ドラマ「兄友」主演の横浜流星にインタビュー
ドラマ「兄友」主演の横浜流星にインタビュー

MBSで放送中、TBSでは3月27日(火)夜1時30分よりスタートするドラマ「わたしに××しなさい!/兄友」。今回は「兄友」主演の横浜流星にインタビューを行い、作品や演じるキャラクターの魅力などについて聞いた。

本作は、少女漫画誌「花とゆめ」(白泉社)にて連載中の、赤瓦もどむ原作のラブコメディー漫画の実写化作品。イケメンなのにウブな西野壮太(横浜)と、いまどきの恋愛に付いていけない女子高校生・七瀬まい(松風理咲)による、ウブな恋愛模様を描く。

――漫画原作となるこの「兄友」ですが、原作を読んだ際の感想はいかがでしたか?

原作は出演が決まった時に読みました。少女漫画なんですが、自分が思い描いていたものとは違って新鮮な設定で、こんなにもピュアなラブストーリーなんだと驚きましたね。僕の思い描く少女漫画はドSキャラや王子様などが出てくるイメージだったんですが、この「兄友」はまったく違っていて正反対でした。西野とまいの、お互いに好きなのにそれを上手く伝えられない距離感や、あたふたしてしまうところなど、2人を見ていてかわいらしいなと思いましたね。実際に自分たちが演じるときに、見てくださる方が同じようにそう思っていただけたらうれしいです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >