2018/03/22 06:00

RINGOMUSUMEの新曲は「奇麗な花を咲かせる桜を、儚い人生と重ねた曲」(王林)

 RINGOMUSUMEの4人が、ニューシングル「101回目の桜」について語ってくれた
RINGOMUSUMEの4人が、ニューシングル「101回目の桜」について語ってくれた

RINGOMUSUME(りんご娘)が4月3日(火)、18枚目のシングル「101回目の桜」をリリースする。

リリースに向けて、3月24日(土)のHMV record shop 渋谷をはじめ、東京を中心にリリースイベントを行い、4月8日(日)には弘前の弘前中三スペースアストロでワンマンライブ「RINGOSTARS vol.2」を開催。

今回、RINGOMUSUMEのとき、王林、ジョナゴールド、彩香が楽曲や、今年で100周年を迎える「弘前さくらまつり」などについて語ってくれた。

■ とき「人生の儚さや繋がり、愛などを大切にしている曲」

――まず、「101回目の桜」がどんな曲なのかを教えていただけますか?

とき:今年で「弘前さくらまつり」が100周年を迎えます。皆さんは、家族や友達、恋人と言った大切な人たちと桜を見ると思います。そんなメモリアルな年に、“大切な方と来年も一緒に見てほしい”という意味も込めて、プラスアルファーの「1」を加えて、101回目の桜というタイトルになっています。生きていく中で毎年同じ場所でその人と見るとは限らない、いついなくなるかわからないそんな人生の儚さや繋がり、愛などを大切にしている曲になっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >