2018/03/23 06:00

RINGOMUSUME、100周年を迎える「弘前さくらまつり」の思い出を語る!

RINGOMUSUMEの新曲インタビュー後編。とき、王林、ジョナゴールド、彩香が明かす「弘前さくらまつり」の思い出とは?
RINGOMUSUMEの新曲インタビュー後編。とき、王林、ジョナゴールド、彩香が明かす「弘前さくらまつり」の思い出とは?

RINGOMUSUME(りんご娘)が4月3日(火)、18枚目のシングル「101回目の桜」をリリースする。

インタビューの後編では、とき、王林、ジョナゴールド、彩香が「弘前さくらまつり」の思い出などについて話してくれた。

【RINGOMUSUMEの新曲は「奇麗な花を咲かせる桜と、儚い人生と重ねた曲」(王林) より続く】

■ 王林「『弘前さくらまつり』は春の始まり! 毎年必ず行っています!!」

――地元で行われている「弘前さくらまつり」が今回、100周年を迎えますね。青森の方、弘前の方にとって「弘前さくらまつり」とはどんな存在ですか?

とき:私は毎年必ず「さくらまつり」には行っています。見ないと損しちゃう気分になります。どんなに時間がない時でも、見に行く時間を作って、必ず見に行きます! 私たちにとっても、弘前市民にとっても「弘前さくらまつり」は一大イベントで、誇れるものです。

王林:春の始まりで、私も毎年必ず行っています! 家族やメンバー、友達など、大好きな人たちと行きます。だから、すごく幸せな気持ちになります。地元の私たちにとっては、あの奇麗な桜が咲くことは当たり前ですが、「弘前さくらまつり」に行くと、なんだか元気をもらいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >