2018/03/23 19:22

ジャニーズWEST藤井&濱田イケメン完全封印で熱演 非モテ男子役に「マジで傷ついて悲しくなった」

「卒業バカメンタリー」の脚本はシソンヌのじろうが手掛けていることも話題
「卒業バカメンタリー」の脚本はシソンヌのじろうが手掛けていることも話題

超エリート大学に通う4人の男子学生が、大学卒業前に「大人の男」になろうと奮闘する「卒業バカメンタリー」(日本テレビ)。3月26日(月)でいよいよ最終回を迎える。出演中のジャニーズWEST・藤井流星と濱田崇裕はイケメンを完全に封印し、とにかくモテない、さえない男子大学生を体当たりで熱演している。

藤井流星「泣きそうになったのは、第1話でガク(藤井)が女性に声を掛けるものの、10回以上断られ続けるところです。役とはいえ、そのときは役に入り込んでいるから、マジで傷ついて、悲しくなりましたね」

濱田崇裕「僕たち、好きな女の子たちが相手だと、本当にしゃべれない役なんです。その原因は僕が見ていても、『これじゃあ彼女できないよな』っていう、一人一人の人間性にあって」

藤井「特に、マオ(濱田)とジュン(吉田靖直)は、変態みたいなキャラクターなんで(笑)、『こんなやつ、おらんやろ』って思うけど、意外と周りにいるのかも?」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >