2018/03/24 15:00

アンジャッシュ渡部建、「エンタの神様」独自演出に『耐え難い』と思った過去

放送開始から丸15年を迎えた「エンタの神様」について語ったアンジャッシュの児嶋一哉、渡部建(左から)/(C)NTV
放送開始から丸15年を迎えた「エンタの神様」について語ったアンジャッシュの児嶋一哉、渡部建(左から)/(C)NTV

アンジャッシュが、3月24日(土)放送の「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」(夜7:00-8:54日本テレビ系)で出演130回目を達成する(※アーカイブ放送を含む)。

「エンタの神様」は2003年4月19日にスタートして以来、今回で放送開始丸15年を迎える。第8回の放送となった2003年6月7日に初登場して以来、エンタの“顔”として活躍し続けるアンジャッシュ。児嶋一哉、渡部建が取材で15年の思い出や、現在のお笑い界についてたっぷり語った。

■ 「15年」の実感はありますか?

渡部:15年と言われても、ピンと来ないです。でも、総合演出の五味一男プロデューサーと話していて、僕らの今と同じ歳(45歳)で「エンタ」を始めたんですって。当時、若手だった僕らは、「頭の固えジジイだな」って思ったんですけど(笑)、あの時の五味さんと同じ年になったんだっていうのが、一番15年っていうのを実感しましたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >