2018/03/30 06:30

池上彰が土田晃之、SKE須田、ボイメン本田と共に名古屋の魅力を考える

名古屋を魅力ある都市にするすべを探るため、池上彰、本田剛文、須田亜香里、土田晃之がロケに(写真左から)/(C)東海テレビ
名古屋を魅力ある都市にするすべを探るため、池上彰、本田剛文、須田亜香里、土田晃之がロケに(写真左から)/(C)東海テレビ

3月30日(金)、東海テレビでは「東海テレビ開局60周年記念 池上彰×ナゴヤ」(夜7:00-7:57)を放送。名古屋にある名城大学で教授も務める池上彰が、3つのテーマを軸に“なぜ名古屋は「観光として魅力のない都市ワースト1」になってしまったのか?”の理由をひも解いていく。

1つ目のテーマは、「名古屋はPRが下手!?」。“名古屋めし”が好きで、中でも台湾ラーメンが大好物だという池上。他にも名古屋めしは手羽先、きしめん、ひつまぶし、あんかけスパなどがあるが、他県の人にはあまり知られておらず、「名古屋はPRが下手」な印象があるという。

そんな池上は成功のキーワードに「自虐」を挙げ、他県の観光ポスターを参考に、土田晃之、SKE48・須田亜香里、本田剛文(BOYS AND MEN)と、名古屋をPRするオリジナルのキャッチコピーを考えることに。すると、須田からは池上を思わずうならせるアイデアが飛び出す。

続くテーマは「観光よりも、あるものを重視!? 名古屋の歴史」。池上は、名古屋が観光よりも“あるもの”を重視してきたという点に注目。今や日本だけでなく、世界に誇るものを生み出すことになったというその“あるもの”に迫る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >