2018/04/02 17:15

長澤まさみが“大金だまし取る”!異色の月9にドラマ通「期待しか持てない」

長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」の見どころを徹底解剖!/(c)フジテレビ
長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP」の見どころを徹底解剖!/(c)フジテレビ

4人のドラマウォッチャーのコメントを交えて新ドラマ概要を予習!4月9日(月)スタート、詐欺師を描く異色の“月9”「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系)にフォーカス!!

「コンフィデンスマンJP」は、ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズ(2012年ほかフジテレビ系)や「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジテレビ系)などで知られる人気脚本家・古沢良太のオリジナル作品。

主演の長澤まさみと東出昌大、小日向文世が3人組の信用詐欺師を演じ、欲にまみれたさまざまな人間たちから、壮大な計画で大金をだまし取っていく痛快コメディーだ。

まず“詐欺師を描く”というユニークな設定が目を引く。長年ドラマを見てきた識者たちからも「日本でなじみのない詐欺師ものは苦戦も予想されるけれど、その心意気や良し」(ライター・小田慶子氏)など、古沢の手腕に注目が集まっている。

長澤演じる主人公のダー子は3人組の中心人物で、常識はずれの計画を練る。4月9日放送の第1話では、ダー子が悪徳財団の会長・赤星(江口洋介)を標的に定める。仲間のリチャード(小日向文世)は変装をして赤星に近づくが、その正体を気付かれてしまい、重傷を負って昏睡(こんすい)状態に陥ってしまう。詐欺師から足を洗おうとしていたボクちゃん(東出)は、リチャードのケガを知ってダー子の計画に参加。彼女たちのハチャメチャな活躍がスタートする!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >