2018/03/30 19:00

2.5次元俳優・鈴木拡樹がバスケを語る!「言いにくい名前こそ覚えてやろうって、愛着が湧くんです(笑)」

2.5次元俳優の鈴木拡樹が、NBAの魅力とバスケへの熱い思いを語る!
2.5次元俳優の鈴木拡樹が、NBAの魅力とバスケへの熱い思いを語る!

「刀剣乱舞」や「弱虫ペダル」など、数多くの“2.5次元”舞台で活躍している俳優・鈴木拡樹。子供のころから大好きで、「『魅せる』という部分で舞台と通じるものがある」という趣味・バスケットボールについて語ってもらった。

――鈴木さんがバスケットボールやNBAを好きになったきっかけを教えてください。

NBAを見るようになったきっかけは、マジック・ジョンソンが一度引退を発表した後に出場したオールスターゲームです。1992年の試合なので、僕が見たのは再放送のはずですが、興奮しましたね。

当時はマンガの「SLUMDUNK」が流行っていて、よく友達とバスケをしていたんです。自分たちが遊んでいたバスケの試合をテレビで初めて見て、しかもそれがNBAで、中でも有名なマジック・ジョンソンの引退試合って、この運の良さ(笑)。

――NBAを見始めてから、特に好きなプレーヤーはいましたか?

アレン・アイバーソンが大好きだったので、引退前にどこからも声が掛からなかった時は、すごく寂しい思いをしました。NBAの中ではとても小さな身長で、あれだけパワフルなプレーを見せてくれていましたから、まだまだやれるぞって思っていたし、本当に寂しかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >