2018/04/01 06:00

林先生&元教え子・水野Pの「初耳学総論」前編 / 「初耳学」のスタジオは“塾の教室”がモデルだった!?

林「確かに大政絢ちゃんもケンティー(中島健人)も、あのときの誰々だなって思い当たる子がいるからね」

水野「収録中、昔の記憶が蘇って『現代文の授業でしていたあの話をして』と急にカンペを出すこともあります」

林「そうそう。あれはこの番組でしかできないことだね(笑)」

■ 林先生の“知ってた”率の高さの秘密とは…?

──番組では、林先生が問題の答えを“知ってた”かどうかが、やはり一番の見どころですが。

水野「先生がすごいのは、問題について、もし7割しか知らなくても、残りの3割は話しながら理論を組み立てて、正解してしまうんですよ」

林「他のタレントさんにはない僕の強みというのは、やっぱりロジカルな部分ですから、僕が出演している番組では、そこを生かしてもらえるシナリオが必要なんですね。だから、作り手にも論理的になってもらいたいんですよ。その点、『初耳学』のスタッフは皆、努力を惜しまず、僕がやりやすいシナリオを作ってくれる。常日ごろから勉強もしなくちゃならないし、本当に大変だと思います。最近、明らかに読書量が増えたでしょ?」

水野「かなり…(笑)。最近は、うちのスタッフが先生と話しているのを横で聞いていても、明らかに理解度が深まってきているのを感じます」

林「そんなスタッフにどんな隙を突かれるのか、こちらは傾向と対策を考えて。その緊張感も、この番組の武器なんだろうね」(ザテレビジョン)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >