2018/04/01 21:00

「半分、青い。」脚本家・北川悦吏子の“朝ドラ革命”

4月2日(月)スタートの(新)連続テレビ小説「半分、青い。」/(C)NHK
4月2日(月)スタートの(新)連続テレビ小説「半分、青い。」/(C)NHK

4月2日(月)からの新“朝ドラ”は、脚本家・北川悦吏子オリジナルの連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)。今作は北川自身の故郷・岐阜を舞台に、少々うかつだが失敗を恐れないヒロインがバブル期から平成の低成長時代までを駆け抜ける半世紀の物語。実在の人物がモデルでもなく、戦争を乗り越える物語でもない、新たな朝ドラが始まる。

北川は「この冒険をできたことが新しいことだし、よくやらせてくれたとNHKさんに感謝」と胸の内を明かした。また、出来上がった作品を見て、「もしかしたら朝ドラに革命を起こしたんじゃないか」と自信をもうかがわせる。彼女が今作を通して描くテーマは「生きる力」。「ずっと同じことを書いているような気もするんですが、どんなことが起こっても生きていく力があるということを伝えたいんです。“人間って強いよ”、そうじゃない?と問い掛けたい」と語る。

全156話の“千本ノック”的な朝ドラに挑み続ける北川の“革命”にインタビューから迫ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >