2018/04/05 13:08

映画監督・深田晃司も絶賛した名匠ハル・ハートリー監督のお宝映画

(左から)映画ライター・村山章、ミュージシャン・嶺川貴子、映画監督・深田晃司がトークショーでハル・ハートリー愛を語った
(左から)映画ライター・村山章、ミュージシャン・嶺川貴子、映画監督・深田晃司がトークショーでハル・ハートリー愛を語った

数々の激レア映画を放送しているCS放送のザ・シネマが、4月から3カ月にわたりハル・ハートリー監督作を毎月1本ずつ放送する特集を組む。放送に先駆け、4月放送の「トラスト・ミー」の特別試写会とトークショーが東京・神楽座で行われた。

ハル・ハートリーは’90年代にNYインディーズ界をけん引し、米・タイム誌で「映画界の最もスマートな新たなるアウトロー」と称されたこともある映画監督。監督や脚本、製作、音楽のすべてを手掛けるほか、自ら配給会社を立ち上げ、妥協しない自由な作品を生み出してきた。

日本では’92年に第3作「シンプルメン」、翌年に2作目の「トラスト・ミー」が劇場公開されたのみだが、4月に大阪、5月に東京で「ヘンリー・フール 3部作」を含む日本未公開作品などを劇場上映する予定で、ファンの間で盛り上がりを見せている。

試写会前のトークショーでは、「淵に立つ」でカンヌ国際映画祭の、ある視点部門審査員賞を受賞した映画監督・深田晃司と、ハル・ハートリー監督直々に“日本のアンバサダー”と指名された映画ライター・村山章が登壇。昨年行われたハートリー監督の「ヘンリー・フール 3部作」の日本語字幕付きDVD 化を実現させたクラウドファンディングについてや、デビュー作「アンビリーバブル・トゥルース」の裏話などを披露した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >