2018/04/06 06:30

佐々木希が演じる“アラサー女子の切実な物語” NHKの骨太な演出に“ドラマ通”も期待

「デイジー・ラック」/(c)NHK
「デイジー・ラック」/(c)NHK

佐々木希、夏菜、中川翔子、徳永えりが幼なじみを演じる新ドラマ「デイジー・ラック」(4月20日スタート、毎週金曜夜10:00-10:45NHK総合)がまもなくスタートする。“アラサー女子の幸せ探し”をテーマに、同世代の共感を呼びそうな本作。その魅力を、ドラマに詳しい識者4人のコメントでひもとく。

「デイジー・ラック」は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年TBS系)の原作者としても知られる海野つなみの同名漫画が原作。30歳を目前にした、小学生からの幼なじみ女子の4人がそれぞれの幸せを探して葛藤する姿を描く。

山城楓(佐々木希)は仕事もなくし恋も失い、30歳を目前にして途方に暮れていた。そんな中、楓はかつての仲良しメンバーであるバッグ職人の讃岐ミチル(中川翔子)、専業主婦の岩代えみ(徳永えり)、エステサロン勤務の周防薫(夏菜)と再会し、自分の人生を見つめなおしていく。再会をきっかけに、楓は子供時代の夢を思い出し、パン職人になることを決意する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >