2018/04/07 11:00

情熱大陸P「音楽とナレーションは絶対に変えない」“神回”生む3カ条明かす

4月の「情熱大陸」はシリーズ「ハタチの情熱」を放送。(写真左から) 箏曲家・今野玲央、囲碁棋士・一力遼、映画監督・松本花奈、新体操選手・皆川夏穂/(c)MBS
4月の「情熱大陸」はシリーズ「ハタチの情熱」を放送。(写真左から) 箏曲家・今野玲央、囲碁棋士・一力遼、映画監督・松本花奈、新体操選手・皆川夏穂/(c)MBS

「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)が、この春ついに放送20周年を迎える。文化、芸能、スポーツなど、各界の第一線で活躍する人々に密着し、彼らの情熱を伝え続けて20年。視聴者の記憶に強く残る“神回”も数多く生み出してきた。そんな奇跡のドキュメンタリー「情熱大陸」の魅力に改めて迫るべく、番組プロデューサーを直撃。「神回を生む3カ条」を聞いた。

■ 条件1:音楽とナレーションは絶対に変えない

語ってくれたのは、2017年12月にプロデューサーに就任したばかりの中村卓也プロデューサー。

番組20周年を迎えて「これまでと同様、ご覧になった方が『あしたから頑張ろう』と思えるような前向きなメッセージを発信し続けたい。その意味では、葉加瀬太郎さんのテーマ曲と窪田等さんのナレーションは、番組の象徴であり、屋台骨。そこは今後も変えるつもりはありません」という。

ただ一方で、「その2つの屋台骨さえしっかり守っていれば、キャスティングにしろ、演出面にしろ、何をやっても自由な番組だと思うんです。歴代の先輩プロデューサーが築き上げてきたパイオニア精神は忘れず、ドキュメンタリーの定石にとらわれない、新たなチャレンジを続けていきたいと考えています」(中村P)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >