2018/04/08 11:00

「情熱大陸」20周年!番組スタッフが選んだ“神回”は!?

4月の「情熱大陸」はシリーズ「ハタチの情熱」を放送。(写真左から) 箏曲家・今野玲央、囲碁棋士・一力遼、映画監督・松本花奈、新体操選手・皆川夏穂/(c)MBS
4月の「情熱大陸」はシリーズ「ハタチの情熱」を放送。(写真左から) 箏曲家・今野玲央、囲碁棋士・一力遼、映画監督・松本花奈、新体操選手・皆川夏穂/(c)MBS

長寿ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)がこの春に放送20周年を迎える。文化、芸能、スポーツなど、各界の第一線で活躍する人々に密着し、彼らの情熱を伝え続け、視聴者の記憶に強く残る“神回”も数多く生み出してきた「情熱大陸」。今回は番組スタッフ達に、自身にとっての“神回”を選んでもらった。

■ 申成晧プロデューサーが選ぶ神回「予備校講師 林修」(2013年5月19日放送)

取材の時期、予備校の授業がなかったので、テレビ出演や取材など、本業とは別のことをしている林先生を撮るしかなかった。それでも、お互いの関係ができていく中で、林先生の人柄のようなものが映し出されるようになって。こういうアプローチもあるんだなと実感した回です。

■ 山本喜彦プロデューサーが選ぶ神回「プロサッカー選手 福田健二」(2008年2月10日放送)

「この人を取材したい」と思って自分で企画を出して、初めてディレクターを担当させてもらった回です。僕は学生のころ、「情熱大陸」に元気づけられていたので、その恩返しができたような気がして、やっぱりうれしかったですね。これからも30周年、40周年と続いてほしいです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >