2018/04/05 08:37

「半分、青い。」おばあちゃん自らの“ナレ死”に衝撃!【朝ドラの裏側をのぞきたい!(4)】

ヒロインの祖母・廉子役の風吹ジュンは今後、語りを担当する/(C)NHK
ヒロインの祖母・廉子役の風吹ジュンは今後、語りを担当する/(C)NHK

4月5日に第4回が放送された、連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか)。

小学3年生になった鈴愛(矢崎由紗)と律(高村佳偉人)が100mの糸電話を考案する展開が描かれたが、SNS上では、するりと差し込まれた鈴愛の祖母・廉子(風吹ジュン)の“ナレ死”に衝撃が走っている。

前作「わろてんか」(2017〜18年)の新一(千葉雄大)など、他界のシーンが描かれずにナレーションで処理される“ナレ死”はもはや定番となりつつあるが、廉子の場合は風吹ジュンが語りを務めるため、自ら“ナレ死”するという一風変わった描かれ方に。

「あの、わたくし、実は空から喋っております。上から失礼いたします。人よりちょーっと、早かったかもしれませんが、1年ほど前に、ピンピンコロリで逝きまして」…と、なんとも明るい“ナレ死”ぶりだった。

風吹は出演者発表会見の時、「さっさと一番早く天国に行ってしまいます(笑)。その後は皆さんに寄り添って、楽しいナレーションをしたいと意気込んでいます。正直に言いますとナレーションは初めてなのですが、北川(悦吏子)さんの本がとても面白いので、心強いです」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >