2018/04/07 18:00

「情熱大陸」ナレーターが“極意”明かす「ナレーターが感情的になると、視聴者は感動できない」

番組開始以来「情熱大陸」のナレーターを務める窪田等/撮影=源賀津己
番組開始以来「情熱大陸」のナレーターを務める窪田等/撮影=源賀津己

「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)が、この春ついに放送20周年を迎える。文化、芸能、スポーツなど、各界の第一線で活躍する人々に密着し、彼らの情熱を伝え続けて20年。視聴者の記憶に強く残る“神回”も数多く生み出してきた。そんな奇跡のドキュメンタリー「情熱大陸」の魅力に改めて迫るべく、番組のナレーターを務める窪田等を直撃。プロデューサーに「番組の屋台骨」と言わしめる、そのナレーション術の神髄に迫る。

■ ナレーターはあくまでも脇役

「毎回、職業も年齢も異なる人々の“物語”を読んできましたが、『20年も経(た)ったの?』というのが正直なところ(笑)。気が付いたら1000回、という感じですね。ナレーションをつける上で常に心掛けているのは、自分は決して主役ではないということ。私の役目は、主役である取材対象者の方を、『この人はこういう人なんですよ』と視聴者に紹介することなんです。

言葉を飾ったり、過剰に褒めたたえたりすると、その人の本質は伝わらなくなってしまう。だから声のトーンも抑えて『どうです、すごいでしょう!』ではなく、『すごいですよね?』くらいで(笑)、柔らかいニュアンスを心掛けています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >