2018/04/06 12:00

セーラームーン好きの井上苑子、「コスプレして“月にかわって、おしおきよ!”ってやってました」

トリビュート盤では「“らしく”いきましょ」を歌うシンガーソングライター・井上苑子
トリビュート盤では「“らしく”いきましょ」を歌うシンガーソングライター・井上苑子

現在20歳のシンガーソングライター・井上苑子。幅広い世代の女性に浸透している『美少女戦士セーラームーン』という作品は、原作のマンガやアニメ放送のリアルタイム世代ではない彼女にとって、どんな存在なのだろうか?

■ 仲間を大切にする気持ち、何ごとにも前向きにぶつかっていく気持ちを、いつのまにか教えてもらっていた気がします

乙女たちのバイブル『美少女戦士セーラームーン』が誕生して、今年で25周年。原作マンガやテレビアニメに触れて育った世代には今も根強い人気を誇るコンテンツだが、現在20歳であるシンガーソングライター・井上苑子も大ファンの一人という。

「私、自分が生まれるちょっと前くらいにやっていた、90年代くらいのアニメを観るのが好きで。学校から帰ると真っ先にケーブルテレビをつけて、いろんな昔のアニメを観ていたんですよ。その中でも大好きだったのが『美少女戦士セーラームーン』。たぶんシリーズひと通りは観ていると思います。友達もみんな観ていて学校でもよく“セーラームーン”の話をしていたから、リアルタイムで観ていたのと同じような感覚なんですよね。シールとか“セーラームーン”グッズもたくさん持っていましたし。お友達のママで洋服づくりが得意な方がいて、その子の家に行くといろんな衣装があるんですよ。私もセーラームーンの衣装を着て頭にティアラをつけて、『月にかわって、おしおきよ!』ってやっていました(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >