2018/04/08 07:40

山田杏奈「覚悟できた」初主演作への思いを告白!清水尋也は「うまいより深い芝居を」

内藤瑛亮監督の手紙で目を赤くした山田杏奈
内藤瑛亮監督の手紙で目を赤くした山田杏奈

山田杏奈が初主演を務めた映画「ミスミソウ」が4月7日に初日を迎え、山田、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、内藤瑛亮監督が舞台あいさつに登壇した。

本作は、映像化不可能と言われた漫画家・押切蓮介の“最強トラウマ漫画”が原作。東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田)は“部外者”として扱われ、壮絶ないじめを受けていた。唯一の味方である転校生・相場晄(清水)を心の支えに耐えていたが、クラスの女王的存在・小黒妙子(大谷)の取り巻きのいじめグループによる嫌がらせはエスカレート。そしてある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くし、思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心はついに崩壊する――。

山田は「自分が携わった映画の公開はいつもすごく感慨深いんですが、今日は特にいよいよだなっていう気がしていて、それはやっぱり初主演だからかなって思っています。今日が人生ですごく大切な一日になると思います」と、初主演作の初日を迎えた心境を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >