2018/04/09 06:00

GReeeeNが脚本デビュー「伝えたいことが“いま”ある」横浜流星主演で名曲「愛唄」を映画化

GReeeeNが映画プロジェクト第二弾で脚本デビュー
GReeeeNが映画プロジェクト第二弾で脚本デビュー

GReeeeN映画プロジェクト第二弾となる映画「愛唄」の映画化が決定した。

2017年1月公開の映画「キセキ ーあの日のソビトー」に続く作品となり、伝説の名曲「愛唄」への思いを、脚本デビューとなるGReeeeNが新たに描き出す。

「愛唄」は、2007年5月に発売されたGReeeeN初のラブソング。オリコンデイリーチャート1位、週間シングルチャートで2位、着うた・着うたフルを合わせたダウンロード数は525万件以上を記録し、同年デビューの新人アーティストとしては異例の大ヒットを記録。特に着うたフルでは史上初のダウンロード数100万件を達成した。

発売から1年たってもオリコンチャートにランクインし続けるなど、ロングセールスを記録する大ヒットソングで、2015年公開の「ストロボエッジ」ではGReeeeNの妹分・whiteeeenによって「愛唄~since2007~」としてカバーされた。

物語の主人公を演じるのは、GReeeeNの大ファンを公言する横浜流星。「キセキ ーあの日のソビトー」ではGReeeeNメンバーのナビ役を演じ、2018年は「兄友」「虹色デイズ」と主演作が続く注目の若手俳優だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >