2018/04/10 14:00

松風理咲、純愛作品のヒロインを体現「変顔や“初恋の表情”というムチャぶりも…(笑)」

MBS/TBSで放送中のドラマ「兄友」に出演している松風理咲
MBS/TBSで放送中のドラマ「兄友」に出演している松風理咲

MBSで毎週日曜、TBSで毎週火曜深夜に放送中のドラマ「わたしに××しなさい!/兄友」。

「兄友」は、少女漫画誌「花とゆめ」(白泉社)にて連載中の、赤瓦もどむ原作のラブコメディー漫画の実写化作品。イケメンなのにウブな主人公・西野壮太(横浜流星)と、いまどきの恋愛に付いていけない女子高校生・七瀬まい(松風理咲)による、ウブな恋愛模様を描く。

今回、2017年に映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」で初主演を務めるなど、次代を担う若手女優として注目を集める松風にインタビューを行い、撮影の裏側や相手役の横浜の印象などを語ってもらった。

――ヒロインのまいを演じた感想を教えてください。

少女漫画原作の女の子ということもあるんですけど、恋をしていく部分とか、ピュアな感じを表現していくお芝居が難しかったです。

原作ファンの方に全然違うなと思われないようにしっかりと演じたいという気持ちもありました。

原作のイメージを大事にしながら、自分なりに想像を膨らませながら演じたりして、撮影中は「これでいいのかなぁ」って自問自答しながらやっていたような気がします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >