2018/04/12 06:00

佐々木希は“どん底”、中村アンは“非モテ”…春ドラマは“女子の幸せ探し”どう描く?

佐々木希が絶望から這い上がる主人公を熱演!「デイジー・ラック」/(c)NHK
佐々木希が絶望から這い上がる主人公を熱演!「デイジー・ラック」/(c)NHK

女子の生き方は一つじゃない!今春、幸せ目指して突き進む個性的な女子を描く作品が続々とスタート。その中から、ハンディキャップも面白がれる“超ポジティブ女子”、仕事も恋も一度に失った“どん底女子”、そして初恋を15年くすぶらせる“こじらせ女子”をピックアップ! 

■ 永野芽郁演じる“超ポジティブ女子”の魅力

連続テレビ小説「半分、青い。」(放送中、毎週月~土曜朝8:00-8:15ほかNHK総合ほか)は、岐阜県東濃地方のとある田舎町に生まれたヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ・永野芽郁)が、バブル期から平成の低成長時代へ、幾多の失敗にもめげずに七転び八起きの人生を駆け抜ける姿を描く。

鈴愛の魅力は何と言っても“ポジティブ”であること。

「思い立ったら即実行」の鈴愛は、どんな失敗も「やってまった」と明るくやり過ごす。「やってまった」は岐阜弁で「やってしまった」の意味で、ドラマでもたびたび登場する。

朝ドラヒロインの口ぐせといえば、流行語大賞にも選ばれた「あまちゃん」(2013年NHK総合ほか)の「じぇじぇじぇ」、平均視聴率で朝ドラ今世紀最大の高さを記録した「あさが来た」(2015-2016年NHK総合ほか)の「びっくりぽん」など。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >