2018/04/11 07:00

吉高由里子や新川優愛が、悩んで、泣いて、笑って…!春ドラマ新米&新人奮闘記

正義感の強い新人検事が奮闘!「正義のセ」/(c)NTV
正義感の強い新人検事が奮闘!「正義のセ」/(c)NTV

この春、進学や就職、転職などで新たなスタートを切った人も多いことだろう。そんな新人・新米たち、そして、かつて新人・新米だった人たちへ向けたドラマが続々と始まる。“新人”として苦悩する主人公たちの、共感&応援したくなる奮闘ぶりを紹介!

■ 阿川佐和子の小説をドラマ化

「正義のセ」(4月11日スタート、毎週水曜夜10:00-11:00※初回は夜10:00-11:10日本テレビ系)は、新米女性検事・竹村凜々子(吉高由里子)が、持ち前の正義感と真っすぐ過ぎて融通の利かない性格で、仕事に私生活に奮闘する姿を描く。阿川佐和子の同名小説シリーズを映像化したことでも話題だ。

凜々子は豆腐店の実家から職場に通う29歳。配属された横浜地方検察庁港南支部で、泣いて、笑って、怒って、感情豊かに動き回る。そんな忙しい役どころを前に吉高は、もし演技に悩んだら「寝ます! そして、ハイボール飲んで、一人でどこにでも行けちゃうので、おいしいご飯を食べに行きます」と準備万端!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >