2018/04/13 07:00

「練りに練った台本で最高の演技を」『LIFE!―』総合演出が語る「NHKがコント番組を本気で作る理由」

「LIFE!―」を支える5つの要素を総合演出の西川毅氏に聞いた※写真はNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏(内村)/撮影=阿部岳人
「LIFE!―」を支える5つの要素を総合演出の西川毅氏に聞いた※写真はNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏(内村)/撮影=阿部岳人

内村光良が座長を務めるコント番組「LIFE! ~人生に捧げるコント~」(次回は4月13日金曜夜10:00-10:45※以降不定期放送、NHK総合)。芸人と俳優を組み合わせ、数々の人気キャラクター、名作コントを生み出す本番組の新シリーズが4月から始まった。2013年から続く「LIFE!―」は、なぜ面白いのか。その根源を、総合演出の西川毅氏に聞いた。

■ “面白い”を徹底的に追求すること

これまでも、「サラリーマンNEO」(2006~2011年ほか)、「祝女―」(2010年~2012年ほか共にNHK総合)で俳優が出演するコント番組を制作してきたNHK。「LIFE!―」はその流れを受けて2013年にスタートした。

「『LIFE!―』は内村光良さんと芸人さん、そして俳優さんとのコント番組を、と考えて誕生しました。僕自身、昔から『笑う犬』シリーズ(1998~2003年ほかフジテレビ系)などを見ていて、内村さんの笑いが好きで、単純にご一緒できればと思ったのが大きかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >