2018/04/11 11:00

「正義のセ」原作・阿川佐和子、ドラマ用“設定変更”にも前向き『むしろ楽しい』

「正義のセ」撮影現場を訪問した原作者・阿川佐和子/撮影=龍田浩之
「正義のセ」撮影現場を訪問した原作者・阿川佐和子/撮影=龍田浩之

日本テレビ系で4月11日(水)からスタートする吉高由里子主演新水曜ドラマ「正義のセ」(毎週水曜夜10:00)。

20代最後の連ドラ主演となる吉高が、初めてのお仕事ドラマで初の検事役に挑戦する本作。2年目の新米検事・竹村凜々子(吉高)が持ち前の正義感で仕事に恋に奮闘し、失敗しながらも成長していく姿を描く。

原作は阿川佐和子の同名小説シリーズ。原作者・阿川が、ザテレビジョンの取材で語った“言葉”から本ドラマの見どころをひも解く。

■ 撮影現場で「懐かしい」と思った理由は?

「映像化されるなんて思ってもいませんでした」と放送を目前に、率直な心境を口にする阿川。

収録現場を訪問し、モニターで少しの時間だったが撮影を見学すると、「こんなこと言うのもなんだけど、懐かしかったです」と切り出した。

聞くと、「『陸王』(2017年TBS系)に出ていた時にね、モニターでチェックして『あ~、ここちょっと言い方が詰まったかな』『もうちょっとゆっくりせりふを言っておけば良かったかな』とか、いちいち思うじゃない?」と、原作のことではなく、昨年の自身の女優経験を懐かしむ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >