2018/04/12 08:00

【試写室】「警視庁・捜査一課長」堅苦しく考えず、思う存分“ツッコむ”のが正解か

「警視庁・捜査一課長」の第1話は2時間スペシャル/(C)テレビ朝日
「警視庁・捜査一課長」の第1話は2時間スペシャル/(C)テレビ朝日

「同情するならカネをくれ」

この有名ドラマの名ぜりふが新語・流行語大賞に選ばれてからもう24年。当時筆者は小学生で、主人公が同い年くらいだったこともあって、学校でははやりにはやった。

親にまでそんな言葉を吐いてしまって、父にボコボコにされたことを今でも鮮明に覚えている。

この言葉が今でも人々の心の中にしっかり刻まれているのは、その主人公が今でもなお最前線で女優として活躍しているから、ということも大きい。

なぜ、突然そんな懐かしのドラマの話をするのかと言うと、いよいよ始まる内藤剛志主演ドラマに、そのドラマの主人公を演じた女優・安達祐実が出演し、内藤と同作以来の連ドラ共演を果たすから。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、4月12日(木)よりスタートする内藤主演「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)の初回2時間スペシャルを取り上げる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >