2018/04/14 21:03

山田涼介 映画「鋼の錬金術師」の舞台裏明かす「ブルーの跳び箱の上でジタバタしていた」

オーディオコメンタリーで裏話を語った山田涼介、本田翼、曽利監督/©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
オーディオコメンタリーで裏話を語った山田涼介、本田翼、曽利監督/©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

18日(水)に発売される映画『鋼の錬金術師』のブルーレイ&DVDのプレミアム・エディションに収録される山田涼介と本田翼、曽利文彦監督によるビジュアルコメンタリーが公開。劇中に登場する謎の存在「真理」の声を山田が演じていたなど撮影の舞台裏を明かした。

山田演じるエドと真理が対峙するシーンは、実は山田涼介と山田涼介の対峙だったのだが、曽利監督から「原作では12歳くらいのエドの体験。でも映画では、どうしても山田くんに演じてもらいたかった」と肝入りのシーンであったことが明かされた。

山田はシーンを見ながら、後のCG加工のため「ここはブルーの跳び箱の上でじたばたしている(笑)」「“これが真理”と真理に向かって言うセリフも、青い布に向かって言ってる」とツッコミながら語った。また声だけではなく、真理に「持っていかれる足と手」の形も山田の手足が使われているという。曽利監督は「このあたりの演技は一発OKでよくやってくれた。CGが多い作品だと、役者さんの想像力とテクニックに頼るしかないから」と山田の「一人芝居」を改めて評価した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >