2018/04/27 06:00

スピルバーグが語る!森崎ウィンを起用した理由とは!?

「レディ・プレイヤー1」を手掛けたスティーブン・スピルバーグ監督
「レディ・プレイヤー1」を手掛けたスティーブン・スピルバーグ監督

これまでに数々のヒット作を手掛けてきたスティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」が、4月20日に公開してから3日間で興行収入474,413,200円(動員数:282,618人)を記録し、大ヒット上映中だ。

同作は2045年を舞台に、ゴーグル一つでなりたいものになれるVRワールド「オアシス」が若者たちの生きがいとなっていた。そんなオアシスの開発者から「オアシスのどこかに隠された宝の卵『イースターエッグ』を見つけた者は、オアシスの後継者となれる」という遺言が発信される。そこで、主人公・ウェイド(タイ・シェリダン)がその権利と財産を巡る争奪戦にのめり込む中、「オアシス」を牛耳ろうとする巨大企業から、自分たちの唯一の世界を救うことを決意する。

スピルバーグが13年ぶりに来日した際、本作を手掛けた思いや創作活動への原動力などを語ってもらった。

――バーチャル世界の「オアシス」を舞台にした作品ですが、監督はVRゲームをしたことはありますか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >