2018/04/30 06:00

スピルバーグ作品がわくわくするのはキャラクタが関係していた!?

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作で公開中の映画「レディ・プレイヤー1」/(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
スティーブン・スピルバーグ監督の最新作で公開中の映画「レディ・プレイヤー1」/(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

4月20日の公開から3日間で興行収入474,413,200円(動員数:282,618人)を記録し、現在も大ヒット上映中のスティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー1」。若者たちの生きがいとなっているVRワールド「オアシス」を舞台に、「オアシス」の開発者から「オアシスのどこかに隠された宝の卵『イースターエッグ』を見つけた者は、オアシスの後継者となれる」という遺言が発信される。主人公・ウェイド(タイ・シェリダン)がその権利と財産を巡る争奪戦にのめり込む中で、「オアシス」を牛耳ろうとする巨大企業から、自分たちの唯一の世界を救うことを決意する姿を描く。

今回、スピルバーグがアドベンチャー作品を作るための秘訣(ひけつ)とわくわくする秘密を明かすとともに、その映像も公開された!

スピルバーグが手掛けてきた映画「E.T.」(1982年)、「グーニーズ」(1985年)、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなど、誰もが一度は耳にしたことのあるアドベンチャー作品に関して、「僕のアドベンチャーに登場する少年は、ある意味アウトサイダーかもしれない。何かに葛藤していたり、全てがうまくいっているわけではないんだ。この映画にもそれは描かれるよ」と語り、主人公の少年が少なからず何かしらの問題を抱え、葛藤しているという共通点があることを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >